Q.ワキガ手術に年齢制限はありますか?

この間、娘が学校から泣きながら帰ってきました。

 

驚いて所以をたずねると、「学校で”クサイ“といっていじめられた」というのです。

 

私と夫は揃ってワキガ体質。

 

ワキガ体質というのは遺伝すると聞いた事もあるし、実のところ、娘がワキガだと気づいてはいました。

 

でもまだ小学生ですしまさかそのような事でいじめられるとは考えもよりませんでした。

 

私もフレッシュな頃にワキガで問題手術を受けた事があります。

 

まだ技術が進んでない頃だったので、大きな傷跡が残ってしまいましたが今現在の最先端技術である超音波ワキガ手術なら傷跡もほんの数ミリという事です。

 

今後加えて体の事に敏感になる年頃を迎えると思うと、娘にワキガ手術を受けさせてやるのがベストだと考慮しています。

 

超音波ワキガ手術というのは、未成年でも受けられるのですか?

 

年齢制限はないのでしょうか.堀?奈々子42才?主婦。

 

※A.ワキガは、性ホルモンの働きが活発になる頃、アポクリン汗腺の目覚めとともに起こりはじめます。

 

このところでは娘たちのレベルアップも早くなり、青年期に入る頃合も低年齢化しているため、ワキガ体質の息子がワキガ臭に悩まされはじめるポイントも早まっているようです。

 

ご折衝者の娘さんがそうだったように現代ではいじめなどの問題もあり、早めに対処したいとおっしゃるご両親も増加してきました。

 

結論からいうと、ワキガ手術に年齢制限はないのです。

 

小学生であってもクリアネオを最安値で買えますし、ワキガ手術をする事はできるです。

 

そしてシルバー世代であっても体が健康な方であれば、無論手術はできます。

 

私のクリニックを訪れる患者さんでいうと、性ホルモンの働きが最も活発になる1十代後半から3十代の女が最も多くなっていますが、そのほかでは下は8才から上は7十代まで、いろいろな年齢層の方が手術を受けられています。

 

このところでは、老後に擁護を受ける時の事を心積もり、相手が不快にならないようにとワキガ手術を受ける中高年の方も増加しています。

 

超音波ワキガ手術の安心性、信頼性を考慮すると、「ワキガ臭に気づいたら手術で治療する」のが自然になる日も確実に近づいているといえるでしょう。